ホーム > スタッフブログ

江戸川区メガネ店アイ&アイのスタッフブログ 私たちのスマイルなとき!

2018.10.12

両眼視機能検査 -レンズの歪み-

こんにちは!
東京都江戸川区にあるメガネのアインドアイ船堀店の平です。

 

本日は、

両眼視機能検査

についてのブログですが、

テーマは

「レンズの歪み」

についてです!

 

メガネ屋に行くとレンズの説明の際に、

このような見本を見た事がありますか?▼

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

何故、視力検査とこのレンズの歪みが関係あるかというと、

両眼視

という目の機能が一つポイントになります。

 

今までも両眼視についてブログで紹介しましたが、

ざっくりお話すると、

両眼で物を見る

ということを前提にした視力検査や度数調整が、

両眼視機能検査ということになります。

 

右眼で見ている映像と、

左眼で見ている映像を、

同時に認識し、

融像

といって二つの映像を重ね合わせます。

 

バランスのとれた両眼視は、

見え方の鮮明感が向上し、

物を立体的に感じることが出来ます。

 

今日はこの

融像

にスポットを合わせてお話します。

 

右眼と左眼の映像に違いが大きくでると、

その映像を重ねた際に見え辛さや違和感を感じることあります。

 

例えば(黒丸に注目して見てみて下さい)

右眼ではこんな見え方▼

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

左眼ではこんな見え方▼

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

左右で歪みの質が変わります。(乱視軸度を変えています)

 

この場合では両眼で重ねて見た際に、(イメージです)

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

非常に鮮明感が得られにくいです。

 

仮に左右の歪みの質を揃え、両眼の映像を重ねると、

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

先程よりすっきりと見えるようになります。

 

この画像は実際の乱視レンズを使用していますが、

乱視レンズでなくても、

メガネのフィッティングのレンズの角度が変わったり、

視線の角度などが変わると、

自然と乱視度数が発生します。

 

つまり、度付きのメガネであれば、

どのような方でもこのような現象に遭遇することがあります。

 

そこで、

レンズの歪み

の大小が見え心地に関わってきます。

 

今はお客様に合わせた個別設計のオーダーレンズなど、

より良い設計のレンズが多くございます。

 

よく見え、疲れにくい、

快適なメガネをご提案できるように、

当店では両眼視機能検査を行なっておりますが、

レンズのご提案も拘って行っております。

 

より快適なメガネになるように、

事細かくレンズの説明をしておりますので、

是非見え心地で困りの際にはご相談下さい!

 

ご予約の方を優先で両眼視検査を行なっております↓

両眼視機能検査 プリズム検査 物がダブって見える 複視 メガネ 両眼視検査 プリズムレンズ カラー診断 コンタクトレンズ 東京都 江戸川区 船堀 評判 プリズムメガネ

是非、お気軽にご予約下さい!!

 

東京都 都内 江戸川区 2017 人気 船堀 メガネ 物がダブって見える 両眼視検査 予約 アイアンドアイ 評判

いいね!お願いします!