ホーム > メダカブログ
2016.8.6

2016年2回目の木更津沖堤防のクロダイ釣り(2)

気持ちを切り替えるためにと小休止でセブンで買った杏仁豆腐を食べる。これがなかなかのもので一流の中華料理店に引けを取らない美味しさです。
フグにやられた1.5号のハリスを新しいものに取り換え、0.5号のチヌ針を巻き付け落とし込み再開です。
いつの間にか潮が下がり濁りが出てきていい感じです。
A堤の先端は深くそこまで落とすのは大変です。黒が出るポイントの様ですが、私には難しく感じます。
諦めてB堤方面に向けて落とし込みを続けます。
諦めかけて始めたころドンと黒のあたりで二匹目を釣ることが出来ました。IMG_5280[1]

IMG_5284[1]

続いて3匹目も来ました。
これは今日いちばんの小型クロダイですが、立て続けに作ることが出来て嬉しいです。
IMG_5283[1]

3匹釣十分満足です。予定では13:00までやるつもりでしたが暑さもあり、11:00の渡船で港に戻りました。
IMG_5288[1]

船の中でB堤防に乗った人との話では、人はいなかったが魚も居なくて朝方の一匹だけとのことでした。
やはりクロを釣るならA堤か?


2016.8.4

2016年2回目の木更津沖堤防のクロダイ釣り(1)

7月14日に続きこの夏2回目のクロダイ釣りです。
メンバーは釣り仲間でこの釣りの師匠のDさんとYさんです。
江戸川区瑞江を早朝3:30に車で出てアクアライン経由で木更津に4:30に到着です。
京王道路経由よりはるかに短時間で着きます。
渡船の宮川丸にて3,100円を払い受付完了です。
Yさんはなんとサービス券10枚で無料になる制度を利用して0円でした。
私の受付番号は25番です。平日としてはあり得ないほどの釣り師が来ています。
聞くと前回と同じように黒友会の例会が有るそうです。
渡船時間の5:00まえに木更津漁港に行くと、50人ほどの人だかりです。
IMG_5268[1]
これだけの釣り師が堤防に乗れば、クロダイもビックリ警戒して苦戦が予想されます。
D堤防で一人、C堤防で二人、B堤防で三人のクロダイ釣り師が降りました。
IMG_5273[1]
残りの40数名は全員A堤防を目指します。
投げ釣りやルアーをやる方もいますが、ほとんどはクロダイ狙いです。
黒友会の人たちと一緒では、おこぼれにあずかれる確率は低いと思われます。
A堤防を選んだ戦略ミズをを悔やみす。
予想通りというか黒友会の人が釣り始めるや否や竿が弧を描いています。さすがというしかありません。
私たちはと言えばまだ仕掛けづくりの最中です。
IMG_5282[1]
気持ちが焦ります。すると針の巻き付けやらの仕掛けづくりが思うように行きません。
何とか整えてカラス貝を餌に落とし込み釣りの開始です。
一落とし・二落とし・三落とし目、聞き合わせにガツンとクロダイが乗りました。心臓パクパク状態で取り込みパニックです。
幸い30センチクラスのクロダイだったので何とか海面に顔を出すことに成功し、タモで取り込むことが出来ました。
IMG_5275[1]
俄然やる気になりましたが、次が来ません。黒友会の人がクロダイをかけている姿が気になりだし集中できません。
その時、ガツンどきました。しかし、違う魚でした。今年はこれが多いようでやたら仕掛けを切られます。
IMG_5285[1]



プロフィール

生まれも育ちも江戸川区一之江で現在江戸川区瑞江在住自然と生き物が大好きで、自宅庭をビオトープにして子供の頃当たり前に江戸川にあった自然環境を取り戻すべく奮闘中!
  • :ヒマラヤへ行って5000メートル地点からエベレストを見ること
  • 仕事:時々メガネ屋
  • 趣味:釣り・旅行・食べ歩き・ウォーキング・絵手紙
  • 健康法:毎日朝1時間・夜1時間江戸川の土手を歩く事(約20,000歩)と週2回「瑞江パレッタ」で筋力トレーニング
  • ボランティア:メガネボランティア 毎年スリランカに行きメガネ作成・寄贈瑞江駅前防犯隊員:毎週土曜日8:00~瑞江駅周辺パトロール
  • 座右の銘:「毎日元気で生き生き輝く」
  • 尊敬する人:和泉行男様 メガネ業界 仕事に対しての姿勢・あり方の恩人 渡部成俊殿 余命0年で命の授業を最後まで続けた人 生き方の恩人
  • 勉強中経営人間学講座 竹内日祥上人 
    笑顔セラピー講座 大槻笑子
    絵手紙教室 大西まこ 江戸川区西篠崎
自己繁殖している主な庭の生き物
  • イシガメ
  • ヒキガエル(イボガエル・四六のがまがえる)春にたくさんオタマジャクシが生まれますので欲しい方に差し上げています
  • アカガエル
  • カナヘビ
  • クロメダカ
  • ヌマエビ
  • ムジナモ 日本で最初に江戸川区で発見され、絶滅のおそれがあるムジナモ水中の食虫植物、江戸川エコセンターよりもらい受け増殖奮闘中
トンボやチョウチョもたくさんいます・来ます。