ホーム > メダカブログ
2009.7.23

絵手紙



 

第二・第四木曜日は絵手紙教室に通っています。

今日の私の作品です。

まだ三回目ですが、だいぶ作品らしくなってきました。

暑中見舞として出せる事を目標にがんばります。

 



 

生徒さんはほとんど女性で、今日は私を含め5人で男性は私一人でした。

この方は何年も通っている生徒さんとの事で、今日は木苺を題材にしていました。

終わると持ち寄ったお菓子やお漬物でコーヒーをいただきながら反省会をします。

2009.7.22

皆既日食



撮影日:2009年7月22日 11時26分
撮影者:佐藤幹哉(国立天文台)
撮影地:硫黄島近海海上にて

 

実に皆既日食が日本で見られたのは46年ぶりだそうです。だけどあいにくの天気で見ることが出来ませんでした。とても残念でなりません。

1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来だそうで、そのとき私は12歳の小学校6年生でした。

 


撮影日:2009年7月22日 11時29分
撮影者:国立天文台
伝送協力:情報通信研究機構(NICT)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 

*日食 月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。太陽が月によって全部隠されるときには「皆既日食」と呼ばれます。



2009年1月27日 インドネシアジャワ島西部で見ることの出来た金環食

 

*金環食 太陽のほうが月より大きく見えるために月のまわりから太陽がはみ出して見えると きには「金環日食(または金環食)」と呼ばれます。

 

次回は26年後の2035年9月2日に北陸・北関東などで見られるそうです。そこまで私も待っていられませんので、海外にでも遠征してという気持ちが湧いてきています。2010年の1月15日にはスリランカなどで金環食が見れると言う事で、行ってみようかな?

2009.7.22

ミシュラン東京



 

ミシュラン東京で三ツ星に認定された(日本全国で9店舗のみ)ガストロノミー ジョエル・ロブションというフレンチレストランに行きました。

建物はわざわざフランスから1,000トンの石を取り寄せて造ったという、王朝時代をほうふつとさせるものです。



 

小さい3口くらいで食べられるフランスパンです。グリーンに見えるのはフレッシュな絞りたてと感じさせるオリーブオイルです。パンはワゴンでもって来てくれ、好きなだけ選ばせていただけます。

 



 

スイカをイメージしたスイカとレモンのスープ?



 

マグロのマリネを頼んだら出てきた一品。右上がマグロを軽くボイルしたものです。

 



 

魚のメイン、真鯛の料理。

 



 

肉のメインはハーブ豚の料理。

 



 

なんとその次に出てきたのがこれ。

今日は私の誕生日祝いという事で、娘が招待してくれた家族の食事会なのです。

誕生祝のケーキ、サプライズです!

長い間人間してきましたが、レストランで自分用のバースデイケーキが出てきたのは初めてです。

うれしく、感謝を込めてローソクの火を消しました。

 



 

大満足してトイレに行くと、これまた大満足。

まるでスイートルームの洗面台です。

帰りにはパンのお土産までいただけました。

誕生日祝いをしてくれた家族のみんなありがとう。

感謝・感謝!

2009.7.20

金魚祭り



 

今年も行船公園で7月18日・19日の2日間「金魚祭り」が行われました。

瑞江の自宅を朝8時20分に出て、古川親水公園・新川と経由して約1時間40分のウォーキングでした。

 



 

オープンは10時ですが、9時30分の時点でかなりの人でした。

その理由は?

 



 

そう金魚すくいの順番です待ちです。

中学生までは無料で金魚すくいが出来ると言う事で開門前から並んでいます。

 



 

こちらの行列は、高級金魚すくいです。

なんと高級金魚としておなじみの「ランチュウ」がすくえます。

多分一匹2,000円くらいすると思われます。

 



 

丹頂という金魚で一匹500円です。

 



 

こちらはオランダシシガシラという金魚です。

 



 

こちらは高級金魚の代名詞「ランチュウ」の3年物です。

30,000円です。

 



 

こちらは目玉が真上を向く「頂点眼」という金魚です。

1,000円です。

 



 

こちらはもっと変わっている「水疱眼」です。

 



 

こちらは江戸川金魚の代名詞「琉金」です。

NHK朝の連続ドラマ小説「さくら」の舞台の一つにもなったあの「堀口養魚場」の代表的な金魚がこの琉金です。

実は堀口養魚場のオヤジさんは私と同級生なんです。



 

真ん中に写っているのが「堀口養魚場」の堀口英明氏です。

今回の金魚祭りでも中心的な役目を果たしているようでした。

先日は金魚の池に落ちて、気に入っていたメガネを無くしたそうです。これで又メガネを作ってもらえ、思わぬところで商売になりました。

 



 

新顔の「メダカすくい」一回300円です。

 



 

さらに新顔の「熱帯魚すくい」一回500円です。

毎年進化し続ける「金魚祭り」でした。又来年も来ようと思わせられます。

2009.7.15

経営人間学講座



 

経営人間学講座www.keieiningengaku.jp

会場の椿山荘へ有楽町線江戸川橋駅で下車しました。道のりは神田川沿いの木々に囲まれた散策路をたどります。梅雨明け宣言の東京ですが、ここだけは爽やかな風が吹いています。

 



 

歩く事10分程度で、椿山荘裏口に到着です。

 



 

椿山荘には池やチャペルがあり、結婚式や会合そして今の時期には「蛍の夕べ」というイベントも毎晩開催されているようです。

 



 

同じ敷地にホテルフォーシーズンがあります。なんでも全室スイート仕様だそうです。一度泊まりたいものです。

 



 

今日の目的の「経営人間学」講座です。

私のメガネ屋仲間、福岡県「めがね物語」の梅嵜剛社長の御紹介で通っています。

竹内日祥上人というお坊さんが主催しています。梅嵜剛社長は通って6年になるそうです。思想を学んで価値観のレベルを高める事を目指しています。これについては難解なことが多いので又改めて理解が進んだら書き込みしたいと思っています。

 



 

この様に多くの方が学びに来ています。

プロフィール

生まれも育ちも江戸川区一之江で現在江戸川区瑞江在住自然と生き物が大好きで、自宅庭をビオトープにして子供の頃当たり前に江戸川にあった自然環境を取り戻すべく奮闘中!
  • :ヒマラヤへ行って5000メートル地点からエベレストを見ること
  • 仕事:時々メガネ屋
  • 趣味:釣り・旅行・食べ歩き・ウォーキング・絵手紙
  • 健康法:毎日朝1時間・夜1時間江戸川の土手を歩く事(約20,000歩)と週2回「瑞江パレッタ」で筋力トレーニング
  • ボランティア:メガネボランティア 毎年スリランカに行きメガネ作成・寄贈瑞江駅前防犯隊員:毎週土曜日8:00~瑞江駅周辺パトロール
  • 座右の銘:「毎日元気で生き生き輝く」
  • 尊敬する人:和泉行男様 メガネ業界 仕事に対しての姿勢・あり方の恩人 渡部成俊殿 余命0年で命の授業を最後まで続けた人 生き方の恩人
  • 勉強中経営人間学講座 竹内日祥上人 
    笑顔セラピー講座 大槻笑子
    絵手紙教室 大西まこ 江戸川区西篠崎
自己繁殖している主な庭の生き物
  • イシガメ
  • ヒキガエル(イボガエル・四六のがまがえる)春にたくさんオタマジャクシが生まれますので欲しい方に差し上げています
  • アカガエル
  • カナヘビ
  • クロメダカ
  • ヌマエビ
  • ムジナモ 日本で最初に江戸川区で発見され、絶滅のおそれがあるムジナモ水中の食虫植物、江戸川エコセンターよりもらい受け増殖奮闘中
トンボやチョウチョもたくさんいます・来ます。