ホーム > スタッフブログ

江戸川区メガネ店アイ&アイのスタッフブログ 私たちのスマイルなとき!

2019.5.16

視力検査 -近視について-

こんにちは!

東京都江戸川区にあるメガネのアイアンドアイ船堀店の稲毛です!

 

今回のブログのテーマは「近視」です。

 

視力検査「近視」とは

簡単に云うと「手元の近距離はよく見えて、テレビや

黒板の文字、車の運転などの遠方がピントが合わず見えにくい目」

となります。

度数が強くなる程、より近くにピントが合い、遠くのものはピントが

合わない状態となります。

 

 

近視には「軸性近視」と「屈折性近視」があり

眼軸の長さが長すぎると、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、

網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。

 

視力検査 東京 江戸川区 船堀 

 

角膜・水晶体の屈折力が強すぎると、遠くを見たときに網膜上で

ピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。

このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます

視力検査 東京 江戸川区 船堀 

 

又、読書やパソコン、タブレット(スマホ)・ゲームなどの近くを見る

作業を長時間続けていると、眼内の調節筋が常に働いて近くにピント

を合わせる状態を作りつづけることになります。

 

この状態が続くと、一時的に屈折力が強くなり、近視に類似した状態

になります。これは昔でいう「仮性近視」の状態ですが、現在では

「調節緊張」とも呼ばれています。

これは、眼が非常に疲れた状態とも言えます。

 

学校の視力検査で視力の低下が認められ、眼科を受診した方の中には、

点眼で様子を見るように言われた方もいらっしゃるかと思います。

この点眼薬は、上でご説明した余計に働き過ぎている眼内の調節筋を

麻痺させ緊張をとってあげて、近視の状態から解放させるための

点眼薬というわけなのです。

 

近視の方がメガネを作る時に大切なのがズバリ「見たい物までの距離」です。

テレビ・黒板・ホワイトボード・パソコン・運転・会議・スポーツ・仕事等

年齢やお仕事内容・生活環境が異なれば見たい物までの距離も変わります。

 

ただ遠くがよく見えるようにと「視力」だけしか考えず作成した物

だと余分な負荷がかかり、かえって疲れてしまうメガネになって

しまうかもしれません。

 

当店では視力検査は勿論、精密検査を基にお客様が

「何を見たいか・どんな距離で見るか」を問診させて頂き、

メガネを作成いたします。

 

今のメガネに違和感を感じている方・すぐに疲れてしまう方

是非、視力検査を行ないますので気楽にご来店下さい。
東京都 都内 江戸川区 2019 人気 船堀 メガネ 視力検査 パーソナルカラー診断 コンタクトレンズ アイアンドアイ 評判

いいね!お願いします!
;