HOME > スタッフブログ > 認定眼鏡士

staff blog

スタッフブログ

お客様の素敵な笑顔やおすすめ商品など、各店からの情報満載です

ブログ内検索

認定眼鏡士のいる眼鏡店

2020.11.10

東京都武蔵野市にあるイトーヨーカドー武蔵境店西館4階の眼鏡屋、  フェイスオン武蔵境店のSS級認定眼鏡士の西村です。

認定眼鏡士は有効期限までの3年間に3回以上、生涯教育・実技講習など受講して更新します。

また、それ以外でも眼鏡に関連する知識には注目しています。

当店ではコンタクトレンズも販売しており、販売に必要な「高度管理医療機器等販売業許可証」を得る必要があります。

これには1年に1回の受講が定められていて、怠ると販売停止になる場合があります。

今までですと大会場での受講だったのですが、今年はオンラインでの受講が認められました。

 

全部で3部構成です。

 

 

 

今回の受講でオンライン受講の良さをいくつか感じました。

①途中で自由な時間にトイレに行ける     

②椅子に座らなくても良い

③聞き洩らしがその場で対処できる

④会場に行くまでの時間的な制約が少ない

などです。

 

 

受講終了です。

今回の講演のコンタクトレンズの衛生管理の肝は、新型コロナウイルス対策と一緒で「石鹸での手洗い」でした。

細菌性ウイルス対策なので、当然と言えば当然なんですけど。

皆さんも「石鹸で手を洗い」ましょう。

 

 

当店では、新型コロナ感染症対策を現在も継続して実施しております。

入口では、アルコール消毒をお願いしております。

試着したフレームなどは洗浄・消毒してから売場に戻します。

 

皆様の快適な視生活を実現するうえで、新型コロナウイルス感染対策はまだまだ必要だと考えております。

 

今後も、安心してメガネをお作り頂ける環境作りに尽力して参ります。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「公益社団法人 日本眼鏡技術者協会・SS級認定眼鏡士」のいる眼鏡店

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

良く見えて疲れないメガネをお作りするには、両眼視機能検査が必要です。

検査には、見え方の体験も含めて1時間ほどお時間が掛かる場合もございます。

認定眼鏡士のいる眼鏡店

2020.10.30

 東京都武蔵野市にあるイトーヨーカドー武蔵境店西館4階の眼鏡屋、  

 

フェイスオン武蔵境店のSS級認定眼鏡士の西村です。

 

いきなりですが、ここでクイズです。

 

認定眼鏡士がしてはいけないことは何でしょうか?

 

①眼鏡を掛けないで勤務する。

 

②カフェなどの飲食を伴う併設店で勤務する。

 

③通信販売やネット販売でメガネを販売する

 

 

 

さて、答えは…

 

 

 

③通信販売やネット販売でメガネを販売する

 

でした。

 

協会のHPには、

 

と、明記されています。

 

公益社団法人・日本眼鏡技術者協会は、

 

通信でのメガネ販売の責任と良識につきまして

 

と題して、以下のように訴えています。

 

消費者のみなさまは、WEBや新聞広告で眼鏡を通信販売する業者を数多くご覧になっていることと思います。

眼鏡販売は、測定・フィッティング・アフターフォローなどお客様と対面することで初めて可能な技術行為を伴う販売です。

ところが通信という販売手段では、対面による技術行為は不可能で、必要な眼鏡調整技術を完遂しておりません。

そのような業者がいくら眼鏡販売と表現していても、良識ある眼鏡技術者の行 為とは言えません。

なぜなら眼鏡は、完成された状態でお客様のお顔に正しくフィットされて、初めて機能を発揮するものだからです。(一部抜粋)

 

 

上記の理念に沿って、認定眼鏡士は日々精進しておりますので、皆様宜しくお願い申し上げます。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「公益社団法人 日本眼鏡技術者協会・SS級認定眼鏡士」のいる眼鏡店

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

良く見えて疲れないメガネをお作りするには、両眼視機能検査が必要です。

検査には、見え方の体験も含めて1時間ほどお時間が掛かる場合もございます。

遠近両用メガネ、体験できます!

2020.10.8

こんにちは、東京都江戸川区にあるメガネのアイアンドアイ船堀店、

認定眼鏡士の鈴木です。

 

近くが見えにくくて老眼鏡を使っているが、

老眼鏡だと遠くが見えないので不便!

遠近両用メガネにしてみたいが、

ちゃんと使えるか心配!

そんな方もいらっしゃると思います。

 

アイアンドアイ船堀店では、

お困りごとや使用環境などを伺い、詳しい検査をさせて頂きます。

検査後には、掛け枠にて歩行や見え方等いろいろと

遠近両用メガネを体験することができます!

遠近両用メガネ、体験、東京都江戸川区船堀、認定眼鏡士

遠近両用は、足元の距離感が変わりますので

階段の上り下りで足元の見え方を体験できます。

遠近両用メガネ、体験、東京都江戸川区船堀、認定眼鏡士

遠近両用でパソコン作業をする場合は、

少し顎を上げた感じになるので

その見え方を体験できます。

遠近両用メガネ、体験、東京都江戸川区船堀、認定眼鏡士

視線を下げてレンズの下の方を使うと

食事の時、ご飯粒や魚の骨が良く見えることも

体験できます。

 

このように実際の生活シーンに近い状況で

遠近両用を体験できるので

安心してお求めいただけます。

 

遠近両用にしてみたい方は、

お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

良く見えて疲れないメガネをお作りするには、両眼視機能検査が必要です。

検査には、見え方の体験も含めて1時間ほどお時間が掛かる場合もございます。

認定眼鏡士のいる眼鏡店

2020.10.1

 東京都武蔵野市にあるイトーヨーカドー武蔵境店西館4階の眼鏡屋、  

 

フェイスオン武蔵境店のSS級認定眼鏡士の西村です。

 

本日、10月1日は何の日でしょうか?

 

東京都民なら「都民の日(1952年制定)」と思い浮かべる方も多いでしょう。

「荒川線の日(1974年制定)」と答える人もいるはず。

 

「法の日(1960年制定)」

「ネクタイの日(1971年制定)」

「コーヒーの日(1983年制定)」

「土地の日(1997年制定)」

「補助犬の日(2002年制定)」

「醤油の日(2003年制定)」

など、今日が記念日は多いようです。

 

しかし、眼鏡業界に従事する身としては声を大にして言いたい。

 

「メガネの日(1997年制定)」

 

と。

 

 

制定者は「日本眼鏡関連団体協議会」で

 

「メガネご愛用者の方々に感謝の気持ちを表すとともに、消費者の方々にメガネに対する正しい認識と興味を持っていただく為に、毎年10月1日を「メガネの日」(英文“EYEGLASSES DAY”)として1997年に制定いたしました。」

 

「日付の由来は、10月1日は “1001” と表記することが出来、両端の“1”が「メガネのツル」、内側の“0”が「レンズ」に見立てられ、メガネの形を表しているところからきております。」

 

とのことです。

 

なんて〇〇!。

 

 

メガネを使っていらしゃる皆様には今日は眼鏡を入念に洗浄して、メガネに感謝の気持ちを捧げてみては如何でしょうか?

 

このブログは10月1日10時01分にアップされました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「公益社団法人 日本眼鏡技術者協会・SS級認定眼鏡士」のいる眼鏡店

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

良く見えて疲れないメガネをお作りするには、両眼視機能検査が必要です。

検査には、見え方の体験も含めて1時間ほどお時間が掛かる場合もございます。

認定眼鏡士のいる眼鏡店

2020.9.30

東京都武蔵野市にあるイトーヨーカドー武蔵境店西館4階の眼鏡屋、  

 

フェイスオン武蔵境店のSS級認定眼鏡士の西村です。

 

明日、10月1日は何の日でしょうか?

 

色々な日が制定されているようですが、日本に居住したる者の義務、

 

「国勢調査の日」

 

です。

 

国勢調査の目的は、

「統計法(平成19年法律第53号)第5条第2項の規定に基づいて実施する人及び世帯に関する全数調査で、国及び地方公共団体における各種行政施策その他の基礎資料を得ることを目的としています。」

「第1回調査は大正9年に行われ、今回の調査は21回目に当たり、実施100年の節目を迎えます。」

 

対象者は、

「9月14日(月曜日)から、日本に住むすべての人と世帯を対象に「国勢調査」を実施します。」

 

とのことですので、日本国籍のない外国人にも適用されます。

 

先日、我が家にも届きました。

 

 

「お願い」の後に「回答の義務」「法律に基づき」の文字が…。 

 

今回は初めて「国勢調査オンライン」で回答しました。

 

 

回答は、簡素化されていて思っていた以上に簡単でした。

 

3密を防ぐ意味合いでも、オンライン回答は便利です。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「公益社団法人 日本眼鏡技術者協会・SS級認定眼鏡士」のいる眼鏡店

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

良く見えて疲れないメガネをお作りするには、両眼視機能検査が必要です。

検査には、見え方の体験も含めて1時間ほどお時間が掛かる場合もございます。

Category

ARCHIVES