ホーム > スタッフブログ

江戸川区メガネ店アイ&アイのスタッフブログ 私たちのスマイルなとき!

2017.11.8

-物がダブって見える!?- 【乱視の見え方と両眼視】

こんにちは!

東京都江戸川区にあるメガネのアイアンドアイ船堀店の平です。

 

いつもブログで紹介している

両眼視検査

ですが、両眼視と言っても、

勿論基本的な屈折度数の測定は大切です。

 

例えば、

乱視

というフレーズは認知度が高いと思います。

 

良くお客様からも、メガネ度数をお測りする際に、

「乱視が進んでさぁ~」

と仰られることが良くあります!

 

ここで乱視の見え方のおさらいをすると、

こんなイメージです▼

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

「ボケ」に方向性があり、上の画像の場合ですと、

上下の方向にブレが生じて数字の見え辛さや、

放射線視標の上下が濃く見えますよね。

直乱視

と呼ばれる乱視度数です。

 

こういった乱視度数を補正する時には、乱視のレンズを使用しますが、

実際のレンズがこんな感じです▼

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

このレンズは上下方向に近視度数が入り、

水平方向には度数が入っていないレンズです。

よーく見ると、レンズをかざしていない所に比べて、

上下に少しつぶれて見えるのが分かりますか?

眼の網膜にはつぶれた網膜像が映し出されています。

 

なので、

「乱視は歪んだ見え方になりますから、

歪みの少ないレンズがいいですよ~!」

とメガネ屋さんでおすすめされた事ありませんか?

確かに歪むので間違いないのですが、

同じ度数でも

軸度

といって乱視度数の軸方向が変化すると、

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

どうですか!?斜めに歪んで見えますよね?

これは

斜乱視

といって斜めの方向に軸度があります。

斜めの方向が同じ度数でもより歪んで感じますよね。

こういった度数ほど歪みが少ないレンズをおすすめします!

 

そして何故、

両眼視

でこの網膜像の歪みが関係してくるかと言うと、

両眼視は右眼で見ている像と左眼で見ている像を、

融像

といって「一つの像にまとめる」機能です。

 

右眼で見た像と

左眼で見た像の

この網膜像に歪みの性質の違いが出ると、

両眼視した際に違和感を感じることがあります。

 

見え辛さの原因になる、

「ボケ」や「ブレ」は快適な見え心地の天敵ですが、

それらを補正することによって生じるデメリットもあります。

 

ただ、現在レンズメーカーさんも、

こういったデメリットを解消するレンズを開発しています。

当店がメインで扱っているレンズメーカーですと、

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

NIKON シーマックスAP

(単焦点レンズ)

物がダブる メガネ 東京 両眼視機能 プリズム検査 乱視 良く見えるメガネ 物がダブって見える

NIKON AIシリーズ

(遠近両用レンズ)

こういったレンズは個別の設計と優れた研磨技術で、

乱視による歪んだ見え方を極限まで解消してくれます。

 

より快適な見え心地を実現する為に、両眼視検査をご案内しておりますが、

レンズ選択も見え心地を作る上で大切です。

 

快適な見え心地のメガネを作る為に、

日々勉強してご提案していきたいと思います。

 
ご予約の方を優先で両眼視検査を行なっております↓

物がダブって見える 東京都内 両眼視機能 プリズム検査 口コミ 隠れ斜位 寄せ目 寄り目 眼精疲労 疲れ 

是非、お気軽にご予約下さい!!

 

東京都 都内 江戸川区 2017 人気 船堀 メガネ 物がダブって見える 両眼視検査 予約 アイアンドアイ 評判

いいね!お願いします!