ホーム商品紹介 > メガネのプロ推奨レンズ

東京江戸川区メガネ店|アイ&アイ 商品紹介

よりよく見るためにあなたの生活シーンにあったレンズを選びましょう。
毎日のことだから、快適な見えごこちのためのレンズ選びははとても大切です。例えば仕事で長時間パソコンに向う、本を見たり、精密な作業で目を酷使していませんか。またドライブや釣、ゴルフなど屋外でのライフスタイルを楽しむ方にとっても快適な視界が望まれます。アイ&アイは、一人ひとりの目の状態を判断し、各々の方に本当に合ったレンズで、今までにないクリアな視界と快適さをお届けします。

lens_hed01

lens_hed02

lens_hed03

近視・乱視・遠視の
視力を補正したい方
球面設計レンズ b_btn01 レンズのカーブしている一般的な凹レンズ、凸レンズです。色のにじみが少なく透明度の高いレンズが多く、度数が弱い方にはお勧めできます。 lens01
非球面設計レンズ b_btn01 レンズの外面が非球面に設計され、球面設計のレンズに比べ、周辺部のボヤケやユガミが少なく、薄く、軽いレンズに仕上がります。弱度~強度まで幅広く対応出来るます。 img-aspheric
両面非球面設計レンズ レンズの外面・内面ともに非球面の先進設計レンズです。ボヤケやユガミが少なくなり、周辺部の見え方にこだわられる方や乱視が強い方に最適なレンズです。
両面非球面設計レンズ
NIKON シーマックス
b_btn01
一枚一枚、光学設計を仕上げる完全オーダーメイド設計を採用。

フレーム形状、度数、乱視軸方向、使用目的などの固有のデータを取り込み、世界に一つだけの専用レンズを作成致します。

乱視に最適乱視の光学性能が劣化する斜め方向を補正するために8軸の乱視非球面を設定。乱視レンズとして最高の性能を発揮します。
シーマックス
シニアの方に
手元やご覧に
なりたい距離・
ライフスタイルに
合わせて
累進屈折力レンズ
遠近両用レンズ
累進屈折力レンズは、一枚のレンズの中で度数が段々に変化するレンズです。レンズに境目が無く、若々しい印象に。遠・近、各々の視野が若干狭く、階段の上り下りなど足下が少しぼやけます。
累進屈折力レンズ
遠近両用レンズ
ニコン プレシオパワー
b_btn01
メガネレンズ初の新発想、パワーアシスト両面設計を採用

レンズの外面でナチュラルで慣れやすい遠近両用レンズの度数変化をつくります。同時に、レンズの内面にも度数変化する面を設定することで強力に歪みやボヤケの原因を徹底的に取り除きます。

シャープで明るい視野を実現

ゆがみやボヤケを徹底的に抑えることで、レンズの隅々まですっきりと良く見える視界が得られます。
プレシオ
累進屈折力レンズ
遠近両用レンズ
ニコン エーアイ
b_btn01
ニコンの最新技術 サイクロン設計 

それはニコン光学設計者の頭脳を受け継ぐ人工知能プログラム。既存の設計に基づき、注文度数に加入するだけの一般的な遠近両用レンズと異なり、注文を受けてからお客様の個別データを基に、一枚いちまいレンズの高速自動設計を行ないます。まるでニコンの光学設計者自身がお客様の目に合わせて設計しているかのように、「私だけ」の最高の見え心地を作り上げます。
AI
累進屈折力レンズ
遠近両用レンズ
ニコン シープラウドエーアイ
b_btn01
フレーム最適化設計

「見た目」、「見え心地」、どちらも譲れないあなたへ。通常のメガネレンズは、レンズ形状にかかわらず、大きな形状のレンズで見え心地は一律に設計されます。生産最終工程、またはメガネ販売店でフレーム形状にあうようにカットされます。その為、大きな形状では最適な設計でもフレームに収められたレンズがお客様に最適とは限りません。

ニコン シープラウドAIは<フレーム最適化設計>を採用。レンズ形状を分析して、その中で最適な見え方になるように設計されたオーダーメイド仕様により、ベストな見え心地を引き出します。

お気に入りのフレームで、レンズの隅々まで自由に見えるから「見た目」も「見え心地」も最高のものをお求めになるお客様にぴったりのオーダーメイドメガネレンズです。
SEE
累進屈折力レンズ
中近両用レンズ
中間距離から手元まで連続的に見え、視野が広く快適です。室内使用に向いたレンズです。会議やオフィスワークなどのお仕事用や室内使用に適したレンズです。
累進屈折力レンズ
中近両用レンズ
インドアLD・MD
b_btn01
<歪みやボヤケが少なく、視野が広い>

『内面累進+内面非球面設計』は、セイコーが世界で初めて実用化した累進屈折力レンズの先進技術です。レンズの内面のみに[累進屈折面][乱視矯正面][非球面]等全ての設計要素を融合させることでレンズ外面を一定のカーブにすることができ、抜群の光学性能を実現します。

累進屈折面がレンズの厚み分眼に近づくことで視野が拡大し、明るくクリアな視界を実現します。

インドアMDは室内用、インドアLDは屋内用と位置付けされており

MDは近用重視、LDは遠用重視の設計になっています。
インドア
累進屈折力レンズ
近近両用レンズ
パソコンから手元まで、レシピ本を見ながらのお料理など近方重視のレンズです。中間距離から遠くははっきり見えないため、掛け外しが必要です。
累進屈折力レンズ
近近両用レンズ
インドアPC
b_btn01
セイコーブランドでは初となる「内面累進+内面非球面設計」を採用した近々レンズです。抜群の近用エリアの広さを実感していただける、手元作業を快適にするレンズです

従来の近々両用よりも、「より広く」「より自然」な視界を作り出した

パソコン作業にうってつけのレンズです。
インドアPC
パソコン操作や
デスクワークを
より快適に
ニューコンセプトレンズ
リマーク
b_btn01
近くを見る時には、遠くから近くの物へピントを合わせるのに、眼のピント合わせの力を使います。アシストレンズは近くを見る時の眼の力をサポートするレンズです。 レンズの上部では普段使う、遠くがよく見える度数が入ります。レンズの下部では近くを見る距離で無理にピント合わせの力を使わなくても、楽に見える度数が入ります。このように、眼が楽になるようにレンズがアシストしてくれるのです。

お仕事でパソコンをしたり、学生さんが勉強したりするとき、近くを見る事で眼のストレスが増大します。そのストレスを解消するのがアシストレンズです。
リマーク
ニューコンセプトレンズ
ビュイ
b_btn01
例えば、太陽を直接みようとしても眩しくて眼を開けてはいられません。ですが、木陰からならまぶしさも軽減されますよね。これは木の葉が太陽の光を「分散」して、やさしい光に変えて届けてくれる、「雲膜現象」といわれます。このレンズはこの自然の原理を利用した、「ネッツスペックコーティング」で眩しさを抑え、コントラストを高める効果があります。 ビュイ
アウトドアや
ドライブを快適に
楽しみたい方
偏光レンズ
KODAK(コダック)
b_btn01
雪面や湖面、路面などを前に感じる視界のギラツキ・にじみ。眼精疲労の原因となるこれらの現象は自然光の乱反射によって引き起こされたものです。とりわけ乱反射の生じやすいアクティブなシーンで偏光レンズが重宝される理由はご存じでしょうか。それは偏光レンズが乱反射光の影響を取り除くために開発されたレンズだからです。 コダック偏光
偏光レンズ
TALEX(タレックス)
b_btn01
長年積み重ねられた繊細な技術と経験をもとに、自社工場で一貫生産されるタレックス。2枚のレンズの間に、薄さわずか30ミクロンのフィルターをサンドイッチし、ひずみ、揺れ、赤抜けのない優れた解像力を実現し、目に有害な“雑光”と紫外線をしっかりカット。目にやさしい光だけを通します。 structure_001
その他
環境・季節による
おすすめレンズ