ホーム会社案内 > ボランティア

東京江戸川区メガネ店|アイ&アイ 商品紹介

アイ&アイは、様々なボランティア活動を通して
地域や海外と交流しています。

メガネに関わっているアイ&アイは、見えることのよろこびを届けたい。その想いからメガネを必要としているスリランカの人々へのメガネの配布や私たちの拠点である江戸川区の特別養護老人ホームの訪問等のボランティア活動を行っています。

vol_img01

vol_hed01

ごあいさつ

2002年より皆様のご支援・ご協力で行ってきたスリランカ眼鏡ボランティア。様々な状勢の変化により、2013年でひとまず終了とさせていただきたくご案内申し上げます。
1983年から2009年までの長い期間、スリランカでは政府とタミル・イーラム解放のトラ(LETTE)との内戦があり、政府軍のLTTE支配地域制圧によって、26年に渡る内戦が集結しました。
私たちの眼鏡ボランティアはまさにその内戦中に行われ、本当に眼鏡を必要としているたくさんの人に出会いました。内戦が終わってからも軍政府からの正式な要請のもと活動を行ってまいりましたが、難民キャンプでの活動などは叶えられず、最終戦闘地ムッライッティーヴという地での活動となりました。2011年12月、首都コロンボから40キロのニッタンプア村での活動の中で私たちは今までとの違いに気付きました。なんと携帯電話を持った人が中古ではなく新しいものをもらいにきたのです。内戦が終わり、世界の国々からの投資が始まり、スリランカに物が豊富に出回ってきたことを実感しました。
内戦終結から4年、まだ必要としている地域はあると思いますが、眼鏡を私たち自身で届けるボランティアはいったん終止符を打ち、これからの活動を見直すこととなりました。
もちろんボランティア自体は続けてまいります。今後は、スリランカの眼鏡ボランティア窓口を通して児童生徒に眼鏡活動を行うこと、そのための機材寄贈や技術指導を行っていきます。また並行して行われていたニッタンプア村での奨学金制度は続けてまいります。
皆様に支えられ、このようなすばらしい活動を続けられ、そのご協力、ご支援に心より感謝申し上げます。

平成25年9月1日 アイアンドアイ 店主 松井敏之

■主な活動のご報告

皆様のおかげですばらしい活動をすることができました。本当にありがとうございました。

  1. 1 皆様からいただいた不要メガネを再生し、スリランカへ持ち込み村人に配布
  2. 2 児童生徒の目の検査を行い、視力的に問題のある児童生徒にメガネの作成・配布
    (現地で検眼・メガネ作成)
  3. 3 基金で貧困家庭児童生徒への奨学金配布 16名
  4. 4 肢体不自由児・孤児院への日常医薬品援助等 2ヶ所
  5. 5 千葉日本大学付属小学校生徒さんよりお預かりした使用済みピアニカの寄贈

活動のレポートはこちらからご覧いただけます。

スリランカでの活動
2002.9 スリランカへボランティア
眼鏡をもらったが見えづらい、という相談を受けているところです。
詳しくは[現地リポート]へ
スリランカでの活動
2002.9 スリランカへボランティア
日曜学校訪問風景。生徒たちの手作りのレイでのお出迎えです。
詳しくは[現地リポート]へ
江戸川区特別養護老人ホームの皆さんに見えることの喜びを
江戸川区には特別養護老人ホームが11ヶ所あります。

私たちアイアンドアイの社員教育の一環として社員・パート・アルバイトの全従業員が参加し行っています。
入居されている方で、メガネを欲しいと希望される方に無料にて差し上げています。
社員がホームに出向き、ひとり一人に問診と検眼をしてその度数に合ったメガネを製作して差し上げます。

今お使いのメガネの調整・クリーニングも行います。
見えることの喜びで、いつまでも楽しく豊かに生活していただければと思っています。
江戸川区特別養護老人
2002.9 当社スタッフ検眼中
江戸川区特別養護老人
瑞江駅前防犯隊の活動
残念なことですが江戸川区は23区の中でも大変犯罪の多い区になってしまいました。
その中でも瑞江駅周辺では引ったくりをはじめ、自転車盗難、車上荒らしなどが多く起こっています。瑞江駅前商店会を母体に地域有志の方々と平成15年12月に防犯隊を発足しました。毎週土曜日の午後8時〜9時まで「自分たちの町は自分たちで守る」を合言葉に、下鎌田町会と小松川警察署のご協力をいただき「瑞江駅前活性化委員会防犯隊」として防犯パトロールを行っています。

安全・安心のテープを流しながら瑞江駅周辺をパトロールし、自転車の無灯火注意・公園での声かけなどを積極的に行っています。

アイアンドアイの社長は3年間隊長を勤め当店からも5名が隊員として参加しています。
隊員募集中です。→FAXにて受付中03-3677-3953
瑞江駅前防犯隊の活動瑞江駅前防犯隊の活動
盲導犬募金の活動

アイアンドアイでは1993年より(財)日本盲導犬協会様への寄付を毎年行なって参りました。店頭にも募金箱を設置し、この活動にご賛同頂いたお客様からも御協力・ご寄付をいただいております。

アイアンドアイがメンバーだったサンクス・オプティカル・グループは今までに9,308,924円の募金をさせていただきました。2008年は518,018円でした。盲導犬を1頭育成する為には、約300万円の費用がかかります。これまでの16年間で3頭の盲導犬を育成出来た事になります。ご協力を頂きました皆様に感謝申し上げます。

全国から寄せられた募金はそのほかこのような事に使われています。
・盲導犬訓練施設の設置運営
・盲導犬歩行指導員、盲導犬訓練士及び飼育管理員の養成
・盲導犬育成に関する調査及び研究
・視覚障害者福祉諸団体との連携及び協力
・視覚障害者の社会的生活能力の改善・向上を図るための相談、指導、助言及び各種訓練

これからもアイアンドアイでは、皆様と供に「少しでも社会に貢献したい」と考え、店頭に募金箱を置き皆様からの募金と、少しばかりの寄付を続けて参ります。
     
盲導犬についてお知りになりたい方は
(財)日本盲導犬協会  http://www.moudouken.net/

瑞江駅前防犯隊の活動